MENU

日焼け後の腕のブツブツの正体

うっかり日焼けしてしまった時に、腕や足に小さな赤いブツブツが出来る事があります。

 

実は紫外線を浴びて出来たアレルギー性の湿疹である可能性が高いそうです。

 

30代くらいまでの女性に多く、光アレルギー(光線過敏症)によるものです。

 

衣替えの時期は急に腕の露出が増え特に出来やすくなるため、薄手の羽織りものを持っていると、紫外線を直接浴びずに済みます。

 

半袖になる季節以外は袖で隠れている腕ですが、夏場は直接紫外線が当たらない様に様々な対策グッズもあります。

 

日焼けしない腕カバー

春先になると様々な色や柄のものが出回るアームカバーは、幾つか持っているとTPOに合わせて使えて便利です。

 

丈も短いものからロングタイプ、スポーツタイプまで揃っています。

 

色はあまり関係がないと言われていますが、白は紫外線も反射してしまうと言われているので、比較的顔に近い腕は黒など光を吸収する色を選ぶと良いかもしれませんね。

 

日焼けしてしまった時の腕のケア

うっかり日焼けをしてしまったら、乾燥しやすくなるためローションで潤いを与えたり、ボディークリームなどで保湿をしてください。

 

顔の場合と同じで肌の新陳代謝を活発にさせるほど、日焼けによるシミは出来にくくなります。

 

日焼けをした夜などは肌に熱を持っていると思います。これも冷水などで覚ましてあげるだけで肌のダメージは楽に感じると思います。

 

くれぐれも氷で冷しすぎたりすると、結構も悪くなりますし肌に刺激が強すぎるかもしれませんので注意です。

 

日焼けしない腕の紫外線対策

腕カバーを持っていればいざという時に、すぐに日焼け対策が出来ますね。

 

でも日焼け止めクリームを塗り忘れ、腕カバーも忘れてしまう事って意外と多いです。

 

そんな時に安心できるのは日焼け止めサプリメントで体内で紫外線対策が出来ている事です。

 

私も愛用しているサプリは飲むだけで1日日焼け対策が出来るため手放せません。

 

足の日焼けをしない為にを読む