MENU

手の日焼けをしない為の日焼け止めのコツ

手の甲に出来たシミは見た目が若くても実年齢を感じさせる原因になります。

 

そのため紫外線対策グッズも年々変化しています。

 

手の日焼け対策で便利なのはロンググローブ、日傘、UVパーカーなどです。

 

外出前に肌の露出している部分を中心に日焼け止めクリームを塗るのはもちろんですが、ロング手袋やなど手の甲部用の手袋などをバッグに準備しておくとうっかり日焼けも防げます。

 

手の日焼け止めは指までしっかり

うっかり日焼けをしやすい手の日焼けですが、日焼け止めを塗る際は手の甲だけでなく手の指まで塗ると、将来シミのない綺麗な手を保つことが出来ます。

 

手の甲にシミが出来ているとおおよその年齢の想像が付きますからしっかりと日焼け止めで紫外線対策をしたいところです。

 

顔はお手入れが行き届いているため肌も白くシミも目立たないのですが、手を見るとシミが出来ていたために見た目よりも年齢が上に見られたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

日焼け止めを塗る場合はうっかり日焼けを防ぐためにも手や腕、首など肌が露出している部分にも塗る様にすれば数年先もお肌はシミが出来にくい状態でいられます。

 

どうしても焼けやすい手の日焼け防止にサプリメントを

 

小さなお子様がいる場合は外出時に日焼け止めを塗ろとしたら忘れたということも多くなりがちです。

 

それが原因で手の甲にシミが沢山出来て悩んでるママ達も多いです。

 

日焼けを防止できるサプリメントを飲む習慣があれば、うっかり日焼け止めを塗り忘れても大丈夫です。

 

日焼けしそうな日だけサプリを飲むよりも日ごろから飲んでおくとさらにうっかり日焼けが防げます。

 

腕の日焼けも要注意です。こちらから