MENU

日焼けしないためのメイク下地

日焼けが気になる時期は肌のダメージとなる紫外線やエアコンによる乾燥も、肌のコンディションには大きく影響してきます。

 

夏だから乾燥しないのでは?というのは大きな間違いで皮脂が多く分泌されても、汗と共に水分が蒸発して肌は思った以上に乾燥しています。

 

そのため日焼けしないためのメイクで欠かせないのは、ベースメイクでいかに保湿をするかという事です。

 

高機能クリームとして人気のCCクリームやBBクリームは、化粧下地の働きも備えたいます。

 

そして気になる毛穴の凹凸もしっかりカバーしてくれます。

 

化粧下地を使用することで得られるメリットは

  • ファンデーションのノリが良くなる
  • UV機能も含まれているため強烈な日差しでもOK
  • 美容液成分配合で肌荒れから守られる

メイク下地を塗っておけば、保湿成分や美容液成分が日中のエアコン下でも乾燥から肌を守ってくれます。

 

日焼けしないためにはベースメイクでしっかり紫外線対策をして肌ダメージを防ぎましょう。

 

ベースメイク,日焼け止め

 

日焼けしないためにメイクの後にやること

 

日焼けしないためにはメイク後に帽子や腕カバーなどでさらに肌を紫外線から守りましょう。

 

とは言え、メイク下地とファンデでベースの紫外線対策は出来ていますので過剰な対策は必要ありません。

 

帽子にサングラス、ストールに腕カバーやサンバイザーなど過剰に行うと紫外線対策ばかりに集中してせっかくの夏も楽しめません。

 

メイク後には適度な紫外線対策で日焼けから肌を守りましょう。

 

日焼けしないためにメイクとサプリでダブル対策

 

日焼けしないためにはベースメイクでしっかりと紫外線対策をしてあげることです。

 

メイク下地でUVケアと肌の気になる部分を隠します。

 

毛穴やシミ、シワなどが目立たなくなった状態でUV機能付きのファンデーションを塗れば下地とファンデで日焼け対策もほぼ心配ない状態ですが、長時間日差しの下に居た場合や、化粧崩れを起こした場合が気になります。

 

そんな時は朝の家を出る前に日焼け止めサプリを飲んでおくと、更に日焼けの心配がなくなります。

 

朝,日焼け止めサプリを飲む

 

念には念をではないですが、近年大気汚染や温暖化など私たちを取り巻く観光も変化しているため、体の内側から飲む日焼け止めサプリで日焼け対策をしておくと肌が受ける日焼けによるダメージも軽減されます。

 

日焼けしないためのスキンケアはここから