MENU

日焼けによる病気の可能性

夏の日焼けは健康的で良いイメージもありますが、紫外線による肌ダメージが心配されています。

 

そして中には紫外線を浴びる行為が難しいお肌の病気もあります。

 

日光アレルギー(紫外線アレルギー)です。

 

症状としては痒みや湿疹、むくみなど肌に現れる場合が多く、元々日光アレルギーだったわけではなく中年期以降に発症する場合もあります。

 

紫外線を浴びると目が眩しいなど目に出る事もありますが、激しい痒みを伴う場合もあり屋外でも活動が難しくなることもあります。

 

日焼けしたくない場合に注意したい甲状腺の病気

日焼け止めクリームのSPF値が50と大きければ、日焼け止めの役割が大きいのですが、日焼け止めに使われている成分が甲状腺性能不全を起こす可能性があるという情報がありました。

 

甲状腺性能不全が起こると、疲れやすかったり冷え性の悪化やうつ症状、肌荒れなどの症状が出るとのこと。

 

日本で日焼け止めクリームを使用する場合は、SPF20程度の物で十分という声もありますが、SPF35くらいのものでも肌への負担は軽減できます。

 

日焼け止めクリームがもたらす可能性がある副作用は甲状腺やアレルギーなどですがどんな場合に起きるのかは人それぞれです。

 

日焼け止めクリームに含まれる紫外線吸収剤は肌荒れが起きる原因として話題になっているです。

 

日焼け止めクリームよりも注目の日焼け止めサプリを使っているので私はあまり気にしなくなりましたが、何をするにもリスクが有りそのリスクを知った上で使用することが大事だと思います。

 

日焼け止めサプリも一度注目してみてください。こちらから