MENU

秋も日焼け対策は必要?

真夏の日差しが和らぎ朝晩も過ごしやすくなると、つい油断してしまうのは日焼け対策です。

 

秋になると真夏の様に太陽がジリジリと照り付ける事も減り、少しくらいの外出なら大丈夫、と油断してしまいがちなんです。

 

ところが秋は真夏に比べて太陽の位置が低いため、帽子や日傘などを利用していても顔や体に紫外線が降り注ぎ易い時期です。

 

部屋の中まで陽の光が差し込み気持ちが良いのですが、その分室内でも日焼けしやすい可能性があるので日焼け対策が必要です。

 

室内で日焼けしやすい

 

また秋は空気の乾燥が始まります。その影響で肌の水分量も減りやすく肌全体が乾き気味になります。

 

肌が乾燥していると紫外線ダメージも高まりますので、秋もしっかりとした紫外線対策が欠かせません。

 

秋の紫外線対策で日焼け防止

夏に浴びた紫外線によるダメージが蓄積されている場合は、将来シミになる可能性が高まります。

 

乾燥による肌ダメージで新陳代謝(ターンオーバー)が遅れ、シミの原因となるメラニンが排出されにくくなるからです。

 

秋は真夏よりは紫外線が少ないとはいえ、紫外線対策を怠ると夏に浴びた紫外線ダメージに秋の紫外線ダメージが更に追加されてしまいます。

 

夏に引き続き秋も紫外線対策を続けると、うっかり日焼けをしてしまいそうなシーンでも焦らずに済みます。

 

秋の日焼け防止効果でシミを作らない

夏の間に浴びた紫外線ダメージが蓄積されていると、美白のお手入れをしてもシミになるリスクはあります。

 

紫外線ダメージは肌の乾燥を促進するので肌トラブルが起こりやすいのです。

 

肌の乾燥から起こるトラブルには、シミ、シワ、たるみ、ニキビなど多岐にわたります。

 

油断しやすい秋の紫外線はシミを作りやすい

秋も日焼け防止対策として肌への負担にならない日焼け止めを持ち歩いたり、日傘や帽子などの紫外線防止グッズが手放せない時期です。

 

年齢を重ねると紫外線ダメージを受けた後、肌の回復が若い頃に比べ遅くなるためシミが出来やすいんです。

 

おばさんの肌回復が遅い

 

秋も日焼け防止を行い過剰にメラニンが生成されて、肌に蓄積されない環境づくりでシミを増やさないようにします。

 

秋は真夏に比べ紫外線の量は少なくなりますが、夏の疲れによって肌機能も低下気味です。

 

秋は日焼け防止対策と同時に、夏の肌疲れを癒やすお手入れを同時進行するのがポイントです。

 

紫外線から肌を守って今までの肌のダメージを改善する潤いを与えるスキンケアを行います。

 

秋の日焼け防止まとめ

過ごしやすくなる秋ですが油断は禁物!まだまだ紫外線は降り注いでいます。

 

紫外線から肌を守り、夏の間に浴びた紫外線ダメージの蓄積をターンオーバーによって解消し、シミを作らない肌環境を作ります。

 

紫外線ダメージは肌の乾燥を引き起こし、シミやたるみ、くすみが出る原因になります。

 

紫外線が強い春夏だけでなく、秋冬も日焼け防止対策を行う事でシミの予防にもなります。

 

秋の日焼け防止策としては、外出時は日常生活レベルの日焼け止めを使う、または飲む日焼け止めで常に紫外線から肌を守る対策を行い、夏の肌疲れを回復させるお手入れを行います。